太陽光発電システムのメリットとは

太陽光発電システムは、CO2の削減が求められる環境問題を改善する為の対策として非常に注目されました。新築の一戸建てを建設する際には積極的に太陽光発電システムを採用する家庭が増えています。

太陽光発電などのクリーンエネルギーの普及のために、地方自治体や国は補助金を設けていました。補助金が設定された当時は太陽光発電システムは非常に高額であり、一般家庭に導入するにはハードルが高い状況でしたが、補助金の安心感から現在では多くの家庭が太陽光発電システムを取り入れています。

そして、年月の経過と共に発電システムは普及し、性能を高めた低コストなシステムの開発により全体的なコストも安価となってきました。そのため、太陽光システムの導入のメリットが十分に高くなってきていると判断し、現在においては補助金制度は適用されない状態となっています。

補助金制度が適用されなくなった現在においても、安価な太陽光発電システムを設置する家庭は増加傾向にあります。それは、太陽光発電やオール電化システムの導入によりクリーンエネルギーを優先して利用したいと考えるエコを優先するユーザーが増えてきたことが影響しています。

自治体レベルでは現在でも補助金を設定してる地域もあるため、自分の住んでいる自治体の情報をチェックし取り組み内容を確認します。もしくは、補助金を設定している自治体で土地を購入し一戸建てを構える考え方もあります。

太陽光発電システムは安価になってきていますが、パネル自体の性能は格段に高まってきています。その為、これまでは設備の投資資金が回収されるまでに10年程度見積もる必要がありましたが、現在においては8年前後で回収が可能な状態になっています。

震災の経験から、電気やガスの供給が止まった場合においても、太陽光発電システムが導入されていれば様々なトラブルを回避する可能性を高まる事が分かってきました。価格的なメリットも考慮すると太陽光発電システムの導入は、今後も賢い選択となるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です