太陽光発電について深く考える日々

夫が突然太陽光発電の話をしてきました。私はそれまで太陽光発電について詳しくはなく、知っていることといったら、太陽の光を利用して電気を作るということです。それなのに突然夫が一般家庭でも太陽光発電を利用している人が増えているとか、太陽光発電のメリットなどを興奮気味に話してくるのでまた始まったと思いました。

夫は好奇心が旺盛なんです。熱しやすく冷めやすいタイプです。今回も会社の人が太陽光発電を利用していることを聞いて、すっかり太陽光発電に夢中になってしまっています。メリットだけ聞いたようで、デメリットがあることなど考えもしていない様子です。

どうせ夢中になってもすぐに熱は冷めるだろうと思っていたのですが、三ヶ月ぐらい熱心に私に太陽光発電がいかに良いのか説明してくるので、今回は本気で考えているのかなと思い私も太陽光発電に興味を持ってきました。毎日太陽光発電の良さを語られたら誰でもそうなりますよね。

夫に太陽光発電の話を聞かされてから、外出先で人の家をよく見るようになりました。意外に太陽光発電を利用しいている家があるんだなと驚きました。今まで気にして見たことがなかったのですが、太陽光発電ってかなり珍しいものだと思っていましたが、そうではないのかなと今は思い始めています。

夫がいつも言うのですが、電気代が安くなること、電気を売ることができることなどです。一番は環境貢献や社会貢献になるということを真剣に私に語ってきます。私もそういう話に実は弱く、環境についてはすごく考えさせられるので、太陽光発電を利用してみようかとかなり気持ちが傾いてきています。

設置費用が高額ではないかとか、しっかりと丁寧に工事をしてもらえるのかとか、デメリットについても考えていますが、今のところメリットのほうが大きいので、きっと太陽光発電を設置すると思います。最初は夫の話を聞き流していたのですが、まさか本当に太陽光発電利用が現実になるとはびっくりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です