太陽光発電と相性のいいシステム

太陽の光で電気を作る太陽光発電と、家庭で使用するエネルギーの全てを電気で賄うオール電化のシステムとの組み合わせは、とても相性の良いものとなります。

二つのテクノロジーが融合された中に、もはや割って入れるものは何もありません。調理も風呂も暖房も、全てを電気で回す生活の中で、その電気を太陽光パネルによる発電で全て賄うことができれば、まさしく自給自足の完成です。

ガスを使わず火を使わず、災害時でも復旧が早いと、安全面で大きなメリットを持つオール電化には、そのシステムが世間に認知され始めた当初より叫ばれ続けている課題がありました。

それが電気代が高くなる、停電に弱くなるというものです。電気中心の生活の中では、それらの二つの問題は絶対に避けられません。ガス代をとるか電気代をとるか、停電への有利さをとるか地震や火事への対策をとるかと、オール電化の導入の前には、いつでも究極の取捨選択が立ちはだかっていたものです。

しかし太陽光発電という先進的な技術がまた一つ現れたことで、オール電化の事情も大きく変わりました。自宅で太陽の光で電気を作れるから電気代を気にする必要もなく、自家発電のため停電にも強い、デメリットの全てを打ち消す存在が登場し、オール電化の魅力はかつてより勢いを増しています。

オール電化のシステムをそうして支えるためには、太陽光発電の安定感が必要不可欠です。いかに理屈の上で忌憚なく成り立っていたとしても、実際にオール電化によって求められる電気の全てを、太陽光での発電で賄えなければ意味はありません。

日照時間が短い地域や、天候の変化が激しい季節にて考えられる太陽光の不足に、有効な対抗策は現在でも模索されている最中です。太陽光発電の安定性が高まれば、オール電化でのメリットは何よりも大きなものとなるでしょう。

家計を助けるだけではなく、燃料を使わないエコとして、地球をも救える可能性を秘めたテクノロジーの進化は、今後も期待されるところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です