住宅用太陽光発電のメリットとは?

太陽光発電は、特に住宅用太陽光発電の業界において、話題になっているキーワードです。太陽光発電と一言で表現しても、その種類は事業用太陽光発電から住宅用太陽光発電までさまざまです。

事業用太陽光発電を手がける会社もここ数年で多くなりましたし、また、最近の注文住宅の注文主の皆様は、エコ志向で住宅用太陽光発電の設備を設けられる方も多いです。

住宅用太陽光発電のメリットは、大きく二つに分けられます。

一つ目は、太陽光発電を利用することによって、家の中で利用する電気を自らの太陽光発電設備を使って作ることができるということです。

太陽光発電の設備がない場合は、電力会社などから電気を購入し、その対価として電気代を支払うしか方法はありませんでした。それに比べて、自前の太陽光発電設備を使って発電をすることができれば、その電気を直接自らの生活用の電気として利用することができます。

住宅用太陽光発電は、初期投資としてはかなりの金額を要しますが、損益分岐点を超えた時点、つまり、太陽光発電を続けることによって初期投資を回収することができるようになれば、その後はかなりお得に電気を使うことができます。

二つ目は、住宅用太陽光発電の設備で作った電気は、電力会社に売ることができます(売電)。売電をすることができるという仕組みは、住宅用太陽光発電を広く浸透させた要因の一つと言えるでしょう。

売電によって電力会社に電気を売ることによって、そこから収入を得ることができるのです。

この点、電気を作るためには、最初の初期投資以外は特にすることはなく、太陽の力を借りて機械が勝手に作ってくれますから、まさに不労所得といえ、住宅用太陽光発電の設置は投資としての意味もあるのです。

このように、現在の日本においてはかなり浸透した住宅用太陽光発電ですが、今後については、売電価格の変動などにより、業界の先行きは若干不透明な状態が続いています。

しかしながら、エコ志向の流れは今後も続くことが予想されますから、今後注文住宅を作ろうとしている若い世代にとっては、住宅用太陽光発電は引き続き魅力的な存在であり続けるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です