太陽光発電はメンテナンスが必要です。


太陽光発電は、未来のエネルギー産業にとって将来性のある分野です。

このため特に太陽光発電でも電池の分野が注目されて一軒家やビルの屋上、山間部などの多くの所で発電所が作られ世間を沸かせたことを覚えている人も多いでしょう。

最近は、あまり聞かなくなりましたがそれでも半永久的にエネルギーを作ることが出来また企業も投資分野として注目を集め参加した企業もたくさん出てきました。

太陽の光さえあれば日が出ていれば太陽電池で発電できますので労働力はいりません、無人で働くことですのでいわば無限に働いてくれるのです。

しかしやはり問題は出てきます、太陽電池などで発電して場合は太陽電池の部分が少しずつですが汚れてきます、そうなると発電量も落ちてきますので拭いたりする必要が出てきます。

また山間部などの場所ですと動物たちが電線などをかじってしまい上手く送電できないなどのトラブルも出てくるのです。

このために太陽光発電は保守点検が必要であり異常がないかなど調べる必要が出てきますしそのために費用もかかるものなのです。

また太陽光発電では太陽電池をかつようしてますので天気にも影響されますね、曇などなると発電量も落ちてきますので夏と比べると冬は落ちてしまうのです。

将来的には宇宙空間などに広大な太陽光発電が出来るようになるでしょうがまだまだ開発途中なのでこれからの分野です。

宇宙空間などで発電されるようになるとほぼ無限に太陽の光を受けますのでエネルギー問題はこれで解決出来るようになるでしょう。

地球のどの場所でもエネルギーが送られアフリカの荒れた土地や年中氷に覆われた南極など、海中の深海の暗い場所などでもエネルギーが行き渡るようになるので太陽光発電は希望の持てるエネルギー革命なのです。

現代階ではまだコストなどの問題がありますし発電量の容量も低いものかもしれませんが徐々に性能もコストも安くなってきてますので数年後には誰もが購入しやすくなるものではないかと思いますし自宅が発電所になるでしょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です